スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

中川財務相はやっぱり酔っていた?

G7でもうろう会見を行った中川元財務相は「薬を飲み過ぎた」と弁明していたが、毎日新聞の記事によると、やっぱりワインを飲んでいたようだ。

しかし、この記事でおもしろいのは、日本から取材で同行した女性記者と飲んでいたってこと。その同行記者ってどこの読売の記者?その女性記者が真っ先にスクープすればよかったのに。「中川、泥酔で会見に挑む!!」って。まぁ、書かなかった理由は「書いたら非難されるから」だろう(当然、酒を飲んで酔っ払ったすべての責任は中川氏にある)。

そして、そんなスクープを書いたのは毎日だった。書いた理由は、「毎日新聞の記者は、中川氏との会合には、いずれも出席しなかった」から。そういう問題なのね。

会見で明らかにもうろうとしている財務相の体調を心配した記者はひとりもいなかった。あれには少し違和感があったが、ようやくわかった。彼らは泥酔していたことを知っていたのだ。それならば、露骨な横並び報道にも納得がいく。

知っていたなら止めさせろよ。と、思うが、財務省幹部曰く「G7という世界が注目する会合であり、すでに会見の時間も設定されていた。欠席させればよかったというのは後知恵で、とうていできる状態ではなかった」そうだ。

「中川氏はまんまとはめられた」と見るか、「すべて自己責任だから、飲んだ方が悪い」と見るか。マスコミなら当然後者で書くだろうね。さすがに、自分も中川氏を擁護することはできない。しかし、マスコミの行動も到底容認できない(結局マスコミは何しに行ったんだよ)。

追記

中川氏辞任の海外の反応。ロシアの放送局RTRは、以前にG8で酒に酔った小泉元首相の例を出した上で、「日本人にとって、外国人の前で面目を失ったことが、政治家を見限る十分な理由だった」と報じた。

「けじめを重んじる国」と言われるならまだいい。しかし、「マスコミの報道を真に受けやすく、簡単に集団ヒステリーを起こす民度の低い国」と、言われているような気がするのは自分だけだろうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
  1. SAMU #Zg5JYosw 【2009/02/23 21:24】
    小泉一竹中政策を強く批判した為に、冤罪に陥れられ国策捜査を受け、有罪判決を受けた 植草一秀さんが 自身のブログで興味深い事を書いておられます。
    麻生太郎と中川が、郵政民営化を見直すべきだと発言した、その直後に、酩酊会見の映像‥
    郵政民営化には底知れぬ闇があって、なので絶対に凍結すべきだと、識者の方々は口を揃えます。
  2. ルームランナー購入の10ヶ条 #u7nUeuig 【2011/02/08 13:33】
    日本のマスコミはほんとに困ったものですね。ちゃんと真実を伝えてほしいものです。
コメント投稿











管理者にだけ表示を許可する
コメントは承認制です。
トラックバック
トラックバックURL:
http://unnnunnnet.blog47.fc2.com/tb.php/306-dd7b09c4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。